ほんとにエコな暖房器具ペレットストーヴ

①環境に優しいクリーンなエネルギー

 木質ペレットを燃焼させても排出されるCO2は光合成によって大気から回収したものでCO2の排出の収支は プラスマイナスゼロになります。

 とはいっても燃料製造時にペレット燃料を乾燥させる為に燃料をつかうのではないかとの疑問もあるようですが

 燃料の乾燥も木質燃料で行っております。

 それでも少なからず燃料の圧縮や運搬には化石燃料由来のエネルギーも使用しなければならないのは事実です。

 人間が便利で快適な生活を送るには少なからず自然環境に負荷をかけなければなりません。

 

②日本の森林資源の無駄のない利用

 燃料の木質ペレットの原料は間伐材と言われる植森林の成長過程で密集化して木の成長を妨げる恐れのある立木を間引きしその間伐の過程で発生する木材や製材時の廃材等が主です。

 元々廃棄されてしまうであろう資源を地産地消出来るエネルギーとして人の暮らしの快適の為に使えます。

 

③設置場所

 暖房設備を選ぶにあたって最も重要な事は何かご存じですか?
 それは設置する場所です。折角取付けたストーヴもあまり活躍しないというケースもあります。

 オカトミは建築業者です。しかも冷暖房技術に於いては特化しております。

 住宅の設計は勿論、農作物の水耕栽培の温室設計や農業用の冷蔵庫の開発まで手掛けている実績があり最も効率の良い暖房器具の設置ポジションを提案致します。

 環境負荷の少ない燃料だからといって無駄遣いする必要はありません。財布の中が枯渇します。

 

④高気密住宅に設置する

 ペレットストーヴや薪ストーヴは高気密住宅で使用すると煙突が換気扇の給気口になってしまうため

 室内に煙が逆流してしまう等、相性があまり良くありません。

 省エネに設計された家に環境負荷の少ない暖房器具が不向きというのはもく

 弊社では新築時のご提案であれば換気システムとあわせて部屋内の空気が外気よりも減圧されにくい工法をご提案します。換気システムのメーカーである弊社だから出来る事です。

 


□サイカイ産業 RSシリーズ

赤外線による輻射熱と自然対流式の構造がとてもシンプルで堅牢な造りのストーヴです。

大きなガラス窓から見える炎が心から暖めます。

煙突工事が簡単で付帯工事も少なく済みます。

弊社のお勧め機種 RS-mini

 

miniとありますが、暖房能力は1.2~3.1kw
8畳用のエアコン程度です。

最近の高断熱住宅であればこの機種で十分です。

今どきの家はエアコンが取付けてあるのが前提ですので不足分はエアコンの温風の暖房と併用で温度ムラを是正し燃料費を抑えられるように計画するのも良いでしょう。

輻射式暖房で天板にやかんを乗せてお湯を沸かしたり鍋を置いて保温も出来ます。

運転音も静かです。

 


訪問営業は絶対に行いません