気密の事

C=0.36w/㎡k

 高断熱・高気密住宅とは言いますが

 どのみち建築基準法で24時間換気を義務付けられているのだから、少々のすきま風があろうが問題なく

 高気密でなくても高断熱であれば、暖かいし夏も冷房が効くから必要ないと考えている方もおられるようです。

 素直に考えるとそうなりますし筆者も同様にそう思っていました。

 

 高気密という言葉はあまりイメージが良くなくビニールシートでラッピングしてしまい窒息しそうなイメージがあるそうです。

 

 話はそれますが、私どもの業務に気密測定という建物の隙間の大きさを測る業務があります。

 その方法は大きな送風機で家の中の空気を強制的に吸い出し、その際に送風機の手前の筒の中をどのくらいの体積の空気が流れたかを測りその数値を根拠に計算して隙間面積を求めます。

 10パスカル~50パスカル迄10パスカル毎にどのくらい空気が流れたか5回測定します。

 

 この測定中に「空気が薄くなってしまうので外に出ていた方が良いですか?」と依頼者からよく質問されます。

 50パスカルの減圧ですのでキッチンの換気扇とあまり変わりませんが 

 ちなみに台湾にある台北101という高さ509mのビルに施工した東芝のエレベーターは地上階から最上階までの移動時の気圧差がは48.03ヘクトパスカルあるそうですが窒息したという話は聞きません。

 (へクト=100倍ですから4803パスカルです。)

 

 この気密測定結果はC値(しーち)という呼称で呼ばれていまして建築現場では「しーち幾つ?」という会話が良くされます。

 C値=0.36を下回れば外で強風が吹いていても漏気が殆どないという実験結果がありますのでこの0.36をベンチマークに品質管理を行っている建築会社が多いようです。C値が小さいほど隙間は少なく、同時に換気扇を回した際に室内の空気が減圧されます。


 話は戻ります。気密性を上げても 息苦しさを感じることは無いということはご理解頂けましたでしょうか?

 しかし、ただ建物の隙間を物理的に塞いでも埃の侵入は少なくなりますが水蒸気の出入りは止まりません。

 高気密仕様にするには水蒸気を通過させない高分子のシートで防湿層の連続体を外壁の内側に作らなければなりません。

 何故、水蒸気の出入りを止めなければならないのか理由は4つあります。

 

 ひとつ目は

 水がガス化した水蒸気(水の分子)の大きさは0.38nm(ナノメートル)ととても小さく、室内に貼られたビニールクロスや石膏ボードや合板を軽々と通り抜けます

 冬に室内で暖房を行うと空気が乾燥しますので加湿をしなければ健康にリスクが発生しますが、水蒸気を逃がしてしまう高気密の仕様では加湿がうまくできません。

 

 二つ目は

 加湿器のタンクにあった水は気化し水蒸気(ガス)となり内装材を通り抜け外壁の内側付近で再び冷やされ水に戻りますので壁の中の断熱材や材木は湿気たり濡れたりしてしまいます。

 加湿器を使って壁の中に水を撒いてるというイメージです。
 断熱材が湿気ると断熱効果は減衰しますし、構造木材の腐食にもつながりますので一つも良い事はありません。

 

 三つ目は

 水蒸気が持つ熱エネルギーを逃がさない為の高気密(高防湿)が必須になります。

 加湿器の周りの空気は少しひんやりするのはご存じでしょうか?部屋の空気の熱を奪うことで気化し水蒸気となりますのでその水蒸気に室内を暖房した熱エネルギーは潜んでいます。その熱を「潜熱」と言います。潜熱を逃がしてしまうと暖房した熱を漏らしてしまうのと同じことです。

 防湿が出来ていない構造では隙間が少なく密閉性が高い建物でも潜熱が屋外に逃げてしまいますので隙間がある家とエネルギー収支はあまり変わりません。

 

 四つ目は

 夏季にエアコンで冷房しますがエアコンの冷房は室内の潜熱(水蒸気に含まれる熱エネルギー)を回収して室内を冷やす仕組みです。夏のエアコンは水がたくさん出ますよね?あれは元々室内の水蒸気(潜熱)です。エアコンがいくら潜熱を回収しても外壁を通過して外から無尽蔵に水蒸気(潜熱)が侵入してきてしまったらいくら断熱材を沢山入れても蒸し暑さは防げません。

 

以上の4つの理由で高断熱住宅にすると防湿性能は必須ということになります。

高気密の「気」は空気ではなく、水蒸気の「気」であるのは理解いただけましたでしょうか?

 

 上記の「潜熱」と温度の熱「顕熱」の2つの合算が体感温度です。

 梅雨の時期は湿度が高いので気温が低めでも蒸し暑く感じるのと同じで、

 住まいの快適環境を作るには水蒸気の絶縁をしてコントロールできるようにしておくことが重要です。

 

 顕熱の絶縁は断熱材なのでカタログでスペックを確認できますが

 潜熱の絶縁は防湿シートですので現場で気密測定を行う以外に確認する方法は無くその出来を担保するのは大工さんの腕と現場監督の管理手法次第になります。

 カタログに書いていない事が案外、重要だったりしますね。

壁体内結露
壁体内結露(ベイパードライブ)
防湿層の重要性
防湿層(ベイパーバリア)の重要性